HERDAYS
LINEで予約する
トリキュラーにはどのような特徴がある?
トリキュラーとは、生理痛の緩和や避妊効果が期待できる薬のことです。
ここでは、トリキュラーの特徴や副作用、飲み方を解説します。

【h2】トリキュラーの特徴 トリキュラーは、第2世代三相性の低用量ピルです。
黄体ホルモンである「レボノルゲストレル」を配合しており、避妊効果をはじめ、生理痛の緩和や経血量の減少、肌荒れ改善などの効果が期待できます。

トリキュラーを含む三相性のピルは、1シートのうち配合量が異なる3種類の薬が入っているのが特徴。
実際の体内のホルモンバランスに近いため、不正出血が起こりにくいと考えられています。

【h2】トリキュラーの副作用 トリキュラーの主な副作用としては、頭痛や下腹部痛、乳房の張り、嘔吐、浮腫などが挙げられます。
また、服薬する人によっては男性ホルモンが活性化し、肌荒れ、多毛などの副作用が起こることもあります。

これらの症状は、ピル服薬によってホルモンバランスが急激に変化するために起こります。
ピルの服薬を継続することで次第に症状が緩和されていく場合もありますが、心配であれば診察を受け、医師に相談しましょう。

【h2】トリキュラーの飲み方 トリキュラーを含め、ピルには1シート21錠タイプのものと、1シート28錠タイプのものがあります。

21錠タイプは、21日間はピルを服薬し、残りの7日間を休薬期間として服薬をお休みします。
1シート21錠を全て服薬したら、翌日から7日間服薬を休止し、8日目に次のシートを飲み始めましょう。

28錠タイプは、28日間ピルを服薬し、1シート28錠を全て服薬したら、翌日から次のシートを飲み始めましょう。
28錠のうち21錠はピル(実薬)で、7錠はプラセボ(偽薬)となっているため飲み忘れを防ぐ効果があります。

トリキュラーは正しく服薬することでその効果を発揮するので、飲み忘れのないよう注意しましょう。

参考:患者向医薬品ガイド トリキュラー錠21、トリキュラー錠28

医師監修:
医師 佐藤琢磨先生
日本生殖医学会認定 生殖医療専門医
日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
同じカテゴリの質問